ヨガ

【ポーズ解説】アシュタンガヨガ「太陽礼拝A」

スポンサーリンク

「太陽礼拝A」のポイント

「太陽礼拝A」を行う際に特に意識することは、「フリーブリージング(呼吸)」と「ドリシュティ(視線)」になります。流れの中に難しい動きがあるわけではないので、このフリーブリージングとドリシュティを強く意識して行うようにしましょう。

体の動きと呼吸のタイミング、そして正しい視線に持ってくることで、太陽礼拝のリラックスと体力向上の効果が上がってきます。

「太陽礼拝A」ヨガ動画

「太陽礼拝A」では体をしっかりと伸ばすことが重要になってきます。

関節の柔軟性が高まり、流れるように続けることで集中力が高まり、ストレス解消などにも繋がります。

「太陽礼拝A」ポーズ解説

①-Tadasana- 山のポーズ

フリーブリージング:息を吐きながら
ドリシュティ:鼻先

頭から一本の糸で吊られているようなイメージで背筋を伸ばして立つ。
横隔膜を上げる感覚でお腹をへこませ、肩を落として力を抜き顎を引く。

②-Urdhva Hastasana- 上向きの礼拝

フリーブリージング:息を吸いながら
ドリシュティ:指先

手を合わせて頭の上に伸ばす。
肩の力は抜いたまま、自然に上に伸びていくように。

③-Uttanasana- 深い前屈のポーズ

フリーブリージング:息を吐きながら
ドリシュティ:鼻先

合わせた手をほどきながら前屈。
膝を曲げても大丈夫なので、手の平が地面に着くように。

④-Ardha Uttanasana- 半分の立位前屈

フリーブリージング:息を吸いながら
ドリシュティ:眉間

指先を立て、膝と背筋を伸ばして頭を上げる。

スポンサーリンク

⑤-Chaturanga Dandasana- 四肢で支える杖のポーズ

フリーブリージング:息を吐きながら
ドリシュティ:鼻先

両足を後方へ伸ばして腕立て伏せのポーズ。
頭から足先まで一直線を意識し、腕は直角で、肘の下に手首がくるように。

⑥-Urdhva Mukha Svanasana- 上向きの犬のポーズ

フリーブリージング:息を吸いながら
ドリシュティ:鼻先

上体を前方にスライドさせ、上半身が上から引っ張られるような感覚で上に伸ばす。
足の甲を地面につけ、体から遠くに伸ばすように。

⑦-Adho Mukha Svanasana- 下を向いた犬のポーズ

フリーブリージング:息を吐きながら
ドリシュティ:おへそ

つま先を立て、お尻を高く上げる。
背中が反りすぎないようにお腹に力を入れて、綺麗な三角形をイメージ。

このまま、深く大きくフリーブリージングを5回繰り返す。

⑧-Ardha Uttanasana- 半分の立位前屈

フリーブリージング:息を吸いながら
ドリシュティ:眉間

指先を地面に付けたまま、両手の間に足を戻す。
膝と背筋を伸ばして頭を上げる。

⑨-Uttanasana- 深い前屈のポーズ

フリーブリージング:息を吐きながら
ドリシュティ:鼻先

頭を落として、深い前屈。
膝を曲げても大丈夫なので、手の平が地面に着くように。

スポンサーリンク

⑩-Urdhva Hastasana- 上向きの礼拝

フリーブリージング:息を吸いながら
ドリシュティ:指先

手を合わせて頭の上に伸ばす。
肩の力は抜いたまま、自然に上に伸びていくように。

⑪-Tadasana- 山のポーズ

フリーブリージング:息を吐きながら
ドリシュティ:鼻先

ゆっくりと手を下ろしてきて、両手は体側。
体の力を抜く。

「太陽礼拝A」の動きの流れが分かる解説動画はこちら↓

【ヨガ動画】アシュタンガヨガの基本「太陽礼拝A・B」

スポンサーリンク 太陽礼拝 アシュタンガ ...

続きを見る

最後に

アシュタンガヨガではこちらの流れを5回繰り返し行っていきます。フリーブリージングとドリシュティをしっかりと意識して、毎日行っていくことで動きが体に染みつき、無意識でも流れるように出来るようになってきます。また、段々と自分の体の変化を楽しめるようになってきます。

初めは大変だと思いますが、まずは1週間続けていただくことで体の変化を感じられると思いますので、ぜひ続けてみてください。

「太陽礼拝B」のポーズ解説はこちら↓

【ポーズ解説】アシュタンガヨガ「太陽礼拝B」

スポンサーリンク 「太陽礼拝B」のポイン ...

続きを見る

© 2021 SOLPABLO